金属のレーザー加工・曲げ・切断なら埼玉の株式会社かねよし

TEL:048-253-0001
無料見積もり
超鋼切断機・バンドソー

津根精機製 バンドソー(超硬切断機)

製品名 津根精機製 TJ100GL
切断能力
  • 丸材 Φ6 ~ 125 mm
  • 角材 ■6 ~ 100 mm
特徴
  • アングル・チャンネル・パイプ等幅広い鋼材に対応。
  • 直角切断・±0.1mm以内の切断精度が可能

任意の長さに切断加工

平鋼、型鋼等幅広く在庫

鋼材業50年のノウハウによりローコスト

バンドソー

製品名 アマダ製 HKA400
加工サイズ

<直角>

  • 長角400×280
  • □300
  • φ320

<45°>

  • 長角200×280
  • □200
  • φ200

<60°>

  • 長角100×280
  • □100
  • φ100
特徴
  • 60度までの角度切断が可能

角度切りが可能です

レーザーとの複合加工

バンドソーの豆知識

ノコ盤は長い丸・角棒、型鋼、パイプ等を所要の長さに切り出す機械です。通常のノコ盤は金切りノコ盤が多いです。「金切り弓のこ盤」は日常生活で用いる弓のこを機械化した物で、弓のこをラム(弓のこを取付け往復運動をするもの)に取り付け、また工作物をバイスで固定して、切断します。この場合、ラムはモータで駆動され、往復運動をします。この機械を用いて、材料を切断する場合は、まずノコ盤のフレームを上昇し、そしてテンションハンドルを回して、帯のこをガイドブラケット間にしっかりと張ります。
そしてモータを駆動し、帯のこを高速で動かし、また油圧によりフレームに送りを与えて工作物を切断します。
ステンレス等硬い材料は切断速度を落とします。

加工設備一覧

レーザー切断加工機

レーザー光により、金属材料等を切断加工する為の加工機です。

> 詳しく見る

ベンダー加工機

おすめすの金型の間に金属板を挟み、プレスして曲げる加工方法です。

> 詳しく見る

レーザー溶接加工機

レーザー光を接合部に直接照射させ、金属材料同士を溶着させる加工機です。

> 詳しく見る

超鋼切断機

のこ刃で金属の材料を切断加工する加工機です。

> 詳しく見る