金属のレーザー加工・曲げ・切断なら埼玉の株式会社かねよし

TEL:048-253-0001
無料見積もり
ステンレスの加工方法・DIY

ステンレス素材を個人で加工するには

“さびにくい鉄”として一般家庭のなかでも広く使われているステンレスですが一般的に加工は難しいとされている金属です。ステンレスの加工については下記のような道具をつかうことにより、自宅でも加工することができます。
「ステンレスを使ってをDIYしてみたい!」と思われる方は、ぜひ下記を参考にしてください。 「脚(鉄脚)や天板を自作してみたい!)と思われる方は、ぜひ下記を参考にしてください。

切断加工

ステンレスを切断する電動工具で一般的な物は、グラインダーです。それに切断用のディスクを付けて切断します。
手で持って、非常に高速で回転するので、危険です。注意して使用する必要があります。またまっすぐ切断するために、マジック等でケガキを入れたり、当て材を添える必要があります。また材料に熱が伝わるので、やけどにも注意する必要があります。

接着

ステンレスの接着には、瞬間接着剤を使用するのが一般的です。ホームセンターに行くと、金属専用のエポキシ樹脂系接着剤や瞬間接着剤が販売されていますのでそれを使用します。衝撃の多い場所など用途によっては溶接をお勧めします。
ステンレスの溶接はTIG溶接(アルゴン溶接)がきれいな仕上がりを得る溶接法です。ただ機械は高価で、きれいに溶接するためには、技術も必要です。またステンレス溶接後は溶接部にやけが発生して、そこを酸洗い(電解研磨)等をして仕上げをする必要があります。

穴あけ

ステンレスの板であれば、電気ドリルでの穴明けが一般的です。電動工具は非常にパワーがありますので、事故には充分に注意することが大切になります。軍手なども巻き込まれる可能性があるので、作業時は外しておいたほうが懸命です。
ステンレスは鉄に比べると硬い材料です。従って、電動ドリルで穴をあけるには、ステンレス用のキリにしたり、回転数も変える必要があります。ステンレスは熱が伝わりやすい為、穴あけの途中で熱により硬化がおきますので更にあけにくくなります。またやけどにも注意が必要です。

面取り

ステンレス用の面取りカッター、グラインダー等が一般的です。面取りカッターは手作業なので、比較的安全で、使いやすく、価格も手ごろです。ただ数がある場合のは、手作業では大変なので、グラインダーを使用します。グラインダーは鉄の加工と同様に取り扱いに注意が必要です。

仕上げ

ステンレスの仕上げは、研磨をして、意匠性を持たせたり、酸洗いをしたりします。
研磨をする際は仕上げたいバフの番手を指定し、電動のバフ研磨機にバフを付けて、磨きます。きれいに仕上げるには技術も必要です。酸洗いは特殊な液を使用するので、その液を用意する必要があります。
塗装をする事は少ないです。

特に、「切断」や「穴空け」「面取り作業」は専用の機械・技術が必要となり、DIYでも面倒な作業…自分で作業を行うのは大変です。

DIYをする時に起こりがちな問題「上手くできるか不安…」「加工に時間がかかりすぎる…」「音がうるさいかも…」「作業場所がない…」「後片付けが面倒」

その問題、解決いたします!かねよしにご依頼いただければ、金属の「穴空け」「面取り作業」等を含む

レーザー切断加工

レーザー溶接加工

曲げ加工

を、1つから対応いたします!

かねよしの強み

創業70年を超える老舗ならではの強み

8KWファイバーレーザー切断機2台を含むレーザー切断機6台と150種類の板の在庫により、低価格かつ短納期での製品提供を実現します。

小ロット(1個〜)・多品種・多量生産など、幅広くスピーディーに対応しますので、お気軽にご相談下さい。

高品質・短納期・低コスト等、お客様のご要望に応えられるように、最新の加工設備を導入しています。

加工した製品は日本全国に発送可能です。国内であれば、どんなご要望にもお応えでききるように体制を整えております。

アルミ、銅、真鍮のレーザー切断加工が出来ます。アルミは25mm、銅、真鍮は10mmまで加工可能です。

長年の鋼材業のノウハウとメーカーからの仕入れルート確保により、お客様の多種多様なご要望にスピーディーに対応します。

1個からでも加工・発送を承ります。まずはお気軽にご相談ください。

全国対応可能8:00〜17:00 土日祝休み

ご注文・お見積もり

ステンレスの加工事例

  • ステンレスのレーザー加工
  • 研磨仕上げ(#400等)

ステンレス両面研磨品0.5mmのレーザー切断・曲げ加...

納期:

ステンレス0.5mmのレーザー切断・曲げ加工...

> 続きを見る

  • ステンレスのレーザー加工
  • 研磨仕上げ(#400等)
  • 曲げ加工
  • 箱・C型箱曲げ

ステンレス両面研磨品のレーザー切断・曲げ加工

納期:

ステンレス両面研磨品のレーザー切断・曲げ加工...

> 続きを見る

  • ステンレスのレーザー加工
  • ヘヤーライン仕上げ
  • レーザー切断加工
  • ステンレスのレーザー加工
  • 研磨仕上げ(#400等)

ステンレスの研磨品のレーザー切断・曲げ加工

納期:

ステンレス研磨品のレーザー切断・曲げ加工...

> 続きを見る

加工事例をもっと見る

ご納品までの流れ

短納期!
ローコスト!

1.お見積もり・ご注文

お電話か、当サイトのお問い合せページよりご連絡下さい。
加工内容を確認後、お見積もり・注文手配をさせていただきます。
また、その際に必ずFAXまたはメールにより図面をお送りいただけますようお願い致します。(ラフなマンガ絵をFAXで送っていただいてもOKです。)

※お見積フォーラムで簡単に添付できます
※お電話で口答のみのお見積もり回答はできません

1個から!
小ロットにも
ご対応

2.図面作成〜加工

受注後、頂いた図面を基に、必要があれば加工時の注意点・使用用途などの確認を致します。準備が整い次第、CADで図面を作成し、機械に読み込んで切断加工を行います。

全国発送
承ります!

3.ご納品

製品加工が完了次第、荷崩れが無いようにしっかりと梱包し、出来る限り低コストにて発送を致します。宅配会社はご希望に合わせてお選び頂けますので、お気軽にお申し付け下さい。

鋼材業ひとすじ60年!最新加工設備を取り揃え、
1000社を超える企業様と、継続的なお取引を頂いております。

ご注文・お見積もりはこちらから

tel:048-253-0001