金属のレーザー加工・曲げ・切断なら埼玉の株式会社かねよし

TEL:048-253-0001
無料見積もり
溶接加工
レーザー&曲げ加工の特長・強みは、3つあります。
(1)仕上がりが良い:金型と金型ではさんで曲げるので、熱や打撃を加えない為仕上がりが美しいです。
(2)早い:金型をセットしたら、あとは自由な場所を自由な形状へとすぐに曲げる事ができます。
(3)ローコスト:プレス加工のように、金型製作費用がかからず、ローコストでの製作が可能です。

レーザー溶接加工

  • L曲げ
  • U曲げ
  • Z曲げ

テキストは準備中です。

「レーザー溶接加工」を詳しく見る

CO2(半自動)溶接・TIG(アルゴン)溶接

  • ハット曲げ
  • C曲げ

テキストは準備中です。

「CO2(半自動)溶接・TIG(アルゴン)溶接」を詳しく見る

その他の溶接

  • 箱曲げ
  • C型箱曲げ

テキストは準備中です。

「その他の溶接」を詳しく見る

レーザー&R曲げ及びホッパー曲げ

  • R曲げ
  • ホッパー曲げ
  • バンド曲げ

Rの形状、ホッパーの形状、バンドの形状等、板を単純に折り曲げるだけではなく、丸みを付けてRにする加工方法です。 レーザー加工で自由な形状に加工できるので、ホッパーの展開やR曲げの穴あきの加工の展開ができます。またダクトの合わせ等も自由な形状に加工できるので、便利です。 様々な形状のR曲げ加工に対応しています。

「レーザー&R曲げ及びホッパー曲げ」を詳しく見る

溶接加工の豆知識

溶接による接合は、ボルトなどによる接合と比べ、様々な形の製品に対応でき、締結部品も不要といった利点がある反面、局部的な加熱冷却により、ひずみが発生するといった短所もあります。 ひと口に溶接といっても種々の溶接法があり、それぞれに特徴があります。溶接は、加熱の方法をどうするか、溶けた金属を空気からどのようにシールドするかといった方式の違いで分類されます。 板金製品は薄板主体で、材質も鋼板が多いため、TIG溶接や炭酸ガスアーク溶接、スポット溶接が多用されています。