金属のレーザー加工・曲げ・切断なら埼玉の株式会社かねよし

TEL:048-253-0001
無料見積もり
レーザー&ロール曲げ及びホッパー・角丸加工

レーザー&ロール曲げ及びホッパー・角丸加工のこだわり

かねよしでは、3次元CADや、ダクト展開ソフトを利用して、様々な展開を行っています。ソフトで展開したデータ通りが、すぐにレーザー切断されます。 ロール曲げや、ホッパー・角丸加工等は、近隣の加工業者様と、長年連携しています。スピーディーに多様な加工を、お客様へ提供します。

レーザー&ロール曲げ及び
ホッパー・角丸加工の種類

ロール曲げ加工

金属の板を360°巻き加工します。筒状になり、様々なタンクの筒部分等になります。

ホッパー加工

板を、笠状に360°巻き加工すします。 笠状にする事で、径が違う管同士の接続部分 に使用されます。

角丸加工

板を、上部が丸形状、下部が四角形状に巻き加工する事で、四角い鋼材と丸い鋼材の接続部品として使用します。

レーザー&ロール曲げ及びホッパー・角丸加工の加工事例

加工事例をもっと見る

ご納品までの流れ

短納期! ローコスト!

1.お見積もり・ご注文

お電話か、当サイトのお問い合せページよりご連絡下さい。 加工内容を確認後、お見積もり・注文手配をさせていただきます。 また、その際に必ずFAXまたはメールにより図面をお送りいただけますようお願い致します。(ラフなマンガ絵をFAXで送っていただいてもOKです。)

※お見積フォーラムで簡単に添付できます ※お電話で口答のみのお見積もり回答はできません

1個から! 小ロットにも ご対応

2.図面作成〜加工

受注後、頂いた図面を基に、必要があれば加工時の注意点・使用用途などの確認を致します。準備が整い次第、CADで図面を作成し、機械に読み込んで切断加工を行います。

全国発送 承ります!

3.ご納品

製品加工が完了次第、荷崩れが無いようにしっかりと梱包し、出来る限り低コストにて発送を致します。宅配会社はご希望に合わせてお選び頂けますので、お気軽にお申し付け下さい。

鋼材業ひとすじ60年!最新加工設備を取り揃え、 1000社を超える企業様と、継続的なお取引を頂いております。

レーザー&ロール曲げ及びホッパー・角丸加工製品の使用用途

鉄板、ロール巻きする事によって、筒状のパイプ形状になります。 ホッパーは径の違うロール部材を接合するジョイント部材として利用されます。角丸は、四角と丸をジョイントする部材として利用されます。 ロール巻きした筒状のパイプ部材やホッパー・角丸部品は、配管材や各種タンク製品、食品加工機械等の一部として利用されます。

曲げ加工一覧

レーザー& 折り曲げ加工

曲げは1回または2回の曲げ加工です。

> 詳しく見る

レーザー& ハット・C型曲げ加工

曲げは4回のC曲げです。

> 詳しく見る

レーザー& 箱・C型箱曲げ加工

曲げは4回または8回の箱(BOX)曲げです。

> 詳しく見る

レーザー& 多工程・不定形曲げ加工

曲げは複数回の多工程曲げです。

> 詳しく見る

レーザー& R曲げ及びホッパー加工

鋭角での曲げではなく、緩やかなカーブを描く曲げ加工です。

> 詳しく見る

レーザー&ロール曲げ及びホッパー・角丸加工

板を360°巻き加工する曲げ加工です。

> 詳しく見る

レーザー&プレーナー曲げ加工

板にV溝を入れて曲げる事で、外側にピン角を出す曲げ加工です。

> 詳しく見る

パイプ・型鋼のレーザー&曲げ加工

板ではなく、パイプや型鋼等鋼材を曲げる加工です。

> 詳しく見る