金属のレーザー加工・曲げ・切断なら埼玉の株式会社かねよし

TEL:048-253-0001
無料見積もり
チタンのレーザー加工(切断)

チタンのレーザー加工のこだわり

チタンのレーザー加工は、レーザービームが反射して機械が壊れるリスクがある為、加工を断る業者が多いです。その他、材料がとても高価なので、失敗をすると金銭的なデメリットがあることも理由の1つです。

かねよしでは、ファイバーレーザー加工機(8KW)を設備しておりますので、チタンの加工も問題なく対応可能です。
板の厚みも8mmまで対応可能で、高い出力とガス圧+スピーディーに加工することで美しい切断面を実現しています。

チタンの加工事例

  • レーザー切断加工
  • チタンのレーザー加工

チタン5tのレーザー切断加工

納期:

チタン5tのレーザー切断加工です。...

> 続きを見る

加工事例をもっと見る

ご納品までの流れ

短納期!
ローコスト!

1.お見積もり・ご注文

お電話か、当サイトのお問い合せページよりご連絡下さい。
加工内容を確認後、お見積もり・注文手配をさせていただきます。
また、その際に必ずFAXまたはメールにより図面をお送りいただけますようお願い致します。(ラフなマンガ絵をFAXで送っていただいてもOKです。)

※お見積フォーラムで簡単に添付できます
※お電話で口答のみのお見積もり回答はできません

1個から!
小ロットにも
ご対応

2.図面作成〜加工

受注後、頂いた図面を基に、必要があれば加工時の注意点・使用用途などの確認を致します。準備が整い次第、CADで図面を作成し、機械に読み込んで切断加工を行います。

全国発送
承ります!

3.ご納品

製品加工が完了次第、荷崩れが無いようにしっかりと梱包し、出来る限り低コストにて発送を致します。宅配会社はご希望に合わせてお選び頂けますので、お気軽にお申し付け下さい。

鋼材業ひとすじ60年!最新加工設備を取り揃え、
1000社を超える企業様と、継続的なお取引を頂いております。

ご注文・お見積もりはこちらから

tel:048-253-0001

チタンの使用用途

眼鏡、スポーツ用品などの身近な製品から発電所設備、自動車エンジンや航空機、大型建造物まで、さまざまなものにレーザー切断加工したチタンが使用されています。

軽く、錆びにくく劣化しにくいという優れたチタンの特性と、レーザー切断加工の±0.1mm以下の誤差の寸法精度という精度の高さ、仕上がりの美しさのメリットの融合により、注目されている加工です。

チタンの豆知識

鉄、アルミ、マグネシウムに次いで4番目に地球上に豊富に存在する金属で、鉄の約60%の軽さ、鉄の約2倍の強度を持ち海水中では、ステンレスよりも耐食性に優れ、また人体に優しいといった特長を持っています。

18世紀にイギリスで発見され、1910年に初めて純粋に抽出できるようになったチタンは、巨人タイタンを名前の由来にしています。
軽くて、強くて耐食性に富み、加工性にも優れたチタン。
発色特性による装飾性人体組織への無害性が注目され、環境にも優しい21世紀の素材として注目されています。
航空機や、宇宙開発など最先端分野への活用から始まったチタンですが、いま、日本の神社、等の伝統美の世界で注目され、加工性、いぶし瓦に似た風合いを実現し、多くのお寺に屋根材として採用され、最近では、金閣寺の茶室にも採用されています。

また、車やバイクのチタン製マフラーでは、チタンの軽さと耐熱性が役立っています。またメガネやゴルフクラブ等にも使われています。また優れた耐食性から、東京湾アクアラインの橋脚にクラッド鋼板として採用され、100年の耐用性能が大きな注目を浴びました。
鉄等に比べ、生産コストが高く価格が高いので、まだ消費量が比較的多くありませんが、生産コストが下がり、価格が下がれば、一気に需要が拡大しそうな金属です。