金属のレーザー加工・曲げ・切断なら埼玉の株式会社かねよし

TEL:048-253-0001
無料見積もり
アルミニウムのレーザー加工(切断)

アルミニウムのレーザー加工のこだわり

アルミニウムは、高い出力とガス圧で、スピーディーに加工すると、美しい切断面が得られます。また高出力のレーザーでないと、6mm以上の板厚に対応できません。

かねよしでは、8KWのレーザー2台を備え、高い出力とガス圧で、スピーディーに加工して25mmまでの板厚で美しい仕上がりを実現しています。

アルミニウムの加工事例

  • レーザー切断加工
  • アルミニウムのレーザー加工
  • レーザー切断加工
  • 曲げ加工
  • 多工程・不定形曲げ
  • 曲げ加工
  • 鉄のレーザー加工
  • 縞鋼板(チェッカープレード)

アルミ縞板のレーザー切断・曲げ加工

納期:

アルミ縞板4.5mmのレーザー切断・曲げ加工...

> 続きを見る

  • レーザー切断加工
  • アルミニウムのレーザー加工

アルミ1tのレーザー切断加工

納期:

アルミ1tのレーザー切断加工です。細かい曲線も対応可能です。...

> 続きを見る

  • レーザー切断加工
  • アルミニウムのレーザー加工

アルミ25tのレーザー切断加工

納期:

アルミ25tのレーザー切断加工...

> 続きを見る

加工事例をもっと見る

ご納品までの流れ

短納期!
ローコスト!

1.お見積もり・ご注文

お電話か、当サイトのお問い合せページよりご連絡下さい。
加工内容を確認後、お見積もり・注文手配をさせていただきます。
また、その際に必ずFAXまたはメールにより図面をお送りいただけますようお願い致します。(ラフなマンガ絵をFAXで送っていただいてもOKです。)

※お見積フォーラムで簡単に添付できます
※お電話で口答のみのお見積もり回答はできません

1個から!
小ロットにも
ご対応

2.図面作成〜加工

受注後、頂いた図面を基に、必要があれば加工時の注意点・使用用途などの確認を致します。準備が整い次第、CADで図面を作成し、機械に読み込んで切断加工を行います。

全国発送
承ります!

3.ご納品

製品加工が完了次第、荷崩れが無いようにしっかりと梱包し、出来る限り低コストにて発送を致します。宅配会社はご希望に合わせてお選び頂けますので、お気軽にお申し付け下さい。

鋼材業ひとすじ60年!最新加工設備を取り揃え、
1000社を超える企業様と、継続的なお取引を頂いております。

ご注文・お見積もりはこちらから

tel:048-253-0001

アルミニウムの使用用途

車やトラックの部品や、電気機器、看板、パネル等、幅広い分野で、レーザー切断加工したアルミ二ウムが使用されています。アルミ二ウムは反射率が高く、以前は加工しづらい材料でしたが、レーザーでは、きれいに切断加工する事ができます。

アルミのリサイクル率が高い、耐久性が高い等のメリットと,レーザー切断加工の±0.1mm以下の誤差の寸法精度という精度の高さ、仕上がりの美しさのメリットの融合により、今後成長が期待される加工です。

アルミニウムの豆知識

アルミ二ウムは鉄に次いで、多く使用されている金属です。
最大の長所は軽いという事です。重さは鉄の約3分の1です。
他にも、強い、耐食性が優れる、加工しやすい、磁性を帯びない、熱や電気を良く通す、低温に強い、毒性が無い、光や熱を反射する、リサイクルしやすい等、かなりのメリットがあります。

新幹線ののぞみのボディーから、サッシ、ドア、飲料缶、乗用車の構造部品等、幅広い工業製品に使用されています。
アルミ二ウムは、原料のボーキサイトから(水酸化アルミ二ウム)からアルミナを製造し、更にアルミナを電気分解し、製造されます。更に圧延等の加工を経て、製品化されます。

鉄や、ステンレスは、日本国内で、原料からたくさん生産されていますが、アルミ二ウムの新地金(原料から作る材料)は、電気分解の過程で、大量の電気を消費するので、電気代の比較的高い日本では、あまり生産されておらず、輸入に頼っています。しかし、日本国内では、リサイクルが進んでおり、国内需要の約半分近くが、再生地金(リサイクルされ再度地金にしたもの)によりまかなわれています。

更に再生地金は、新地金を作る際の3~5%の電気代で製造できます。
省エネルギー・ローコストの製造方法や、軽さから、地球温暖化等の環境に優しい材料として近年、特に注目を集めています。

アルミ二ウムの生産は、水力発電等により電気代が安いアメリカ、カナダ、ロシア、中国等が、上位を占めています。原料のボーキサイトという鉱石は、オーストラリア、ブラジル、ジャマイカ、ギニア等が主な産出国となっています。

代表的なアルミニウム合金

1000系アルミ二ウム

1000番台の表示は、工業用純アルミ二ウムである事を示し、どれも、99%以上のアルミ二ウム系材料です。この系の材料は、加工性、耐食性、溶接性に優れ、強度は最も低いです。強度が低いので、構造用部材には適しませんが、それほど強度を必要としない、厨房用品や、電気器具等に多く用いられます。代表合金は、1100や1050です。器物、反射板、熱交用チューブ等に用いられます。

2000系アルミ二ウム

この系の合金は、銅を含み、熱処理により、高い強度が得られます。ジュラルミン、超ジュラルミンと呼ばれる2017や2024は航空機に使われています。特に耐食性を必要としない場合は、表面に純アルミ二ウムを合わせ圧延しクラッド材として使用されます。自動車ギヤ、エンジンピストン等に使われます。

5000系アルミ二ウム

この系の合金は主としてMg(マグネシウム)が添加された合金です。Mgの添加量は0.5~5%もの広い範囲に及び、添加量に応じてさまざまな強度を得られます。代表的な合金は、5052や5083で、Mgを約2.5%含む5052は、この系の合金の中で、中程度の強度を持ち、トラック、自動車ホイール、各種パネル、看板等、広範囲で使われています。市場で最も出回っている合金です。

5182や5083はMgを4.5~5%含む合金で、この5000系のなかでは、最も強度があります。5182は飲料缶のふたに大量に使用されています。5083は溶接構造用材料として船、車、化学プラント等に使用されます。

6000系アルミ二ウム

アルミとマグネシウムとシリコンの合金です。
6000系の代表品種A6063は加工性・耐食性に優れ、溶接も可能です。押出し加工性が良いので、板、棒、Lアングルなどのバリエーションも豊富です。建築用のアルミサッシに使われています。

7000系アルミ二ウム

アルミと亜鉛とマグネシウムの合金です。
A7075が代表品種で、強度はアルミ二ウムの中で最も強く、鉄鋼材料に対して3分の1の軽さでありながら、強度はSS400を超える材料で超々ジュラルミンと呼ばれています。材料価格は高価ですが、強度が必要な部品や高精度の加工に向いています。