金属のレーザー加工・曲げ・切断なら埼玉の株式会社かねよし

TEL:048-253-0001
無料見積もり
半自動溶接(炭酸ガスアーク溶接)・TIG(アルゴン)溶接

半自動溶接(炭酸ガスアーク溶接)

シールドガスに炭酸ガスを使用する代表的な半自動アーク溶接法で、主に中厚板の鋼材の溶接に用いられます。

半自動溶接(炭酸ガスアーク溶接)の長所
TIG溶接と比較して溶接速度が速い。炭酸ガスは、アルゴンガスなどの不活性ガスより安価です。

半自動溶接(炭酸ガスアーク溶接)の短所
アルミニウムなどの非鉄金属は溶接不可。スパッターの発生が多い。

TIG溶接(Tungsten Inert Gas Arc溶接)

アルゴンやヘリウムの不活性ガス雰囲気中で、溶けて消耗しないタングステン電極と母材間に発生させたアークの熱で材料を溶融し、溶接を行う溶接法です。必要に応じ、溶加棒(溶接棒)をアーク下の溶融池に差し込んで肉盛りします。

TIG溶接の長所
不活性ガス雰囲気中で溶接を行うため、ほとんどの金属に対して高品質な溶接ができる。スパッターの発生が少なく、ビード外観が良好である。
小電流から安定したアークを発生させることができ、薄板の溶接に適している。

半自動溶接(炭酸ガスアーク溶接)・TIG(アルゴン)溶接の加工事例

加工事例をもっと見る