プロミスの審査基準は甘いの!?審査にかかる時間や審査基準

同じ申し込むなら、知名度の高いカードローンの方が安心ですよね。プロミスなら申し分ありませんが、人気企業なだけにやはり審査基準が気になります。

審査に落ちる原因は、初心者の方と経験者では異なるため、それぞれ別の知識と対策が必要です。

そこでビギナーの方だけでなく、他で借りている方も視野に入れて、ちょっと深堀気味にプロミスの審査についてご説明しました。ぜひ最後まで目を通してください。

プロミス審査を受ける前の基本!知っていると役立つ企業の知識

プロミスの名前は誰でも知っていますが、企業の成り立ちまで説明できる人はおそらく少数派でしょう。しかし企業に関する知識があれば、安心して申し込むことができますし、同時に審査にも通りやすくなるのです。

プロミスは会社名ではない

「プロミス」は会社名ではなく、サービスブランドだということをご存知でしたか?元は消費者金融の社名だったのが、様々な経緯を経て現在は以下のようになっています。

  • 【企業名】SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
  • 【サービスブランド名】プロミス

つまりカードローンの申込先はプロミスではなく、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」なんですね。SMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融で、もちろん正規の登録業者です。

申込み先はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社

貸金業は登録制で、登録業者には必ず登録番号が割り当てられています。プロミスのサイトにも、以下の登録番号がちゃんと記載されています。

 width=

【SMBCコンシューマーファイナンス株式会社】
【業種】消費者金融業
【貸金業登録番号】関東財務局長(13)第00615号
【日本貸金業協会会員番号】第000001号
貸金業登録番号とは、安心して借りれる業者の証です。反対にこれが記載されていなければ、非登録業者、つまりヤミ金だということになります。

正規登録業者は、日本貸金業協会にも所属しています。SMBCコンシューマーファイナンスの日本貸金業協会会員番号は第000001号、つまり第一号です。

調べてみると第二号はアコムで、第三号は新生フィナンシャル株式会社でした。プロミスが長い実績のある企業だということが、このことからも明らかでしょう。

なお「貸金業登録番号」は金融庁のホームページから、「日本貸金業協会会員番号」は日本貸金業協会のホームページから、それぞれ検索することが可能です。

消費者金融の方が審査の間口が広い

さてプロミスが安全安心な信頼できる企業だということはよく分かりましたが、次に審査で重要になってくるのが「業種」です。

プロミス即ちSMBCコンシューマーファイナンスは「消費者金融」ですが、消費者金融で借りる時って、どんなことに気をつける必要があるのでしょうか?

カードローンを取り扱う企業は大きく分けて「消費者金融」と「銀行」の2種類で、両者では審査の難易度が異なります。

  カードローン(企業) 審査難度
■消費者金融 ・プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
・アコム(アコム)
・レイクALSA(新生フィナンシャル)
低~中
■銀行 ・バンクイック(三菱UFJ銀行)
・三井住友銀行カードローン(三井住友銀行)
・りそなカードローン(りそな銀行)

一般的に銀行カードローンは審査基準が厳しく、プロミスなど消費者金融の審査はより柔軟なのです。

だから審査に自信のない方、また初めての方でも、プロミスならば自信を持って申し込むことができるのです。

プロミス

審査が不安な方にはプロミスがおすすめ!
審査通過率は業界トップクラスで、web完結で最短即日融資も可能です。
もちろんバレ対策もバッチリ。パート、アルバイトの方もOK!

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
借入方法
ATM、口座振込、店頭窓口
来店
不要
担保・保証人
不要
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

プロミスには総量規制がかかる

しかし銀行とは違って、プロミスを始めとする消費者金融のカードローンには「総量規制」がかかります。

総量規制とは?
・借入総額が年収の3分の1を超えてはならないという貸金業法の規定
・銀行などの金融機関は対象外

他でも借りている人は、この総量規制のせいで、プロミスの審査がより厳しくなる傾向があるのです。もしも申込みの時点で借入総額が年収の3分の1を越えていれば、審査落ちは必須でしょう。

ただし銀行は総量規制の対象外ですので、銀行でも借りている場合は、年収の3分の1を超えてもルール上は借入が可能です。

しかし借入先が銀行でも消費者金融でも、やはり借入額が多ければ多いほど、審査落ちの可能性は高くなります。

プロミスの審査で重視される項目!抑えておきたい申込みのコツ

プロミスは信頼できる安全なカードローンで、総量規制は別として、審査基準も決して高くないことが解りました。次にプロミスの審査内容をさらに詳しく見ていくことにしましょう。

プロミスの審査落ちには一体どのような原因があり、それに対してどのような解決策が考えられるのでしょうか?

プロミスの審査に落ちてしまう要因

もしもかなりの確率で審査に落ちる危険要因があるとしたら、ぜひプロミスを申し込む前に知っておきたいですよね。

以下に羅列したのは、単独でもプロミスの審査落ちに繋がる属性です(逆を言えば、これ以外なら審査に通過する可能性が高いです)。

  • 年齢が20歳未満、もしくは70歳以上
  • 無職
  • 借入総額が年収の3分の1に達している
  • 4件以上から借りている
  • 他で何件も申し込んだ
  • ローン、カードローン、クレジットカードを延滞中
  • ブラック

これからこの危険因子について、さらに詳しく見ていくことにしましょう。

プロミスには69歳までしか申し込めない

まずは年齢制限ですが、未成年は仕事をしていても、カードローンを申し込むことはできません。これは法律上の規定によるもので、他企業においても同様です。

また申し込める年齢は69歳が上限で、これを越えるとプロミスの審査には通りません。

年齢の上限は企業によって対応がまちまちで、70歳以上でも申し込み可能なカードローンも存在します。しかし収入面の問題もあって(年金は収入とみなされない)、一般的にこの年齢になるとカードローン審査の通過は相当厳しいでしょう。

無職では審査に通らない

次に職業についてですが、まず無職の方は消費者金融で借りることはできません。たとえば専業主婦はカードローン審査に通りませんが、パートで働いていれば借入は可能です。

もちろん収入が安定している人ほど有利ですし、働き始めて少なくとも半年以上経ってからの方が、審査には通りやすくなります。

また収入が不安定でも、働いている家族と同居している人は、プロミスの審査に通りやすくなることもぜひ覚えておきましょう。

プロミスの申込書には家族構成や住居についての設問もありますので、事実をありのまま正確に入力するようにしてください。虚偽の申告をすれば、かえって審査落ちの原因になります。

総量規制に引っかかれば審査に落ちる

次の「借入総額が年収の3分の1に達している」は、先ほどもご説明した総量規制に関わることです。

「他で借りてないから自分には関係ない」と思う人もいるでしょうが、クレジットカードのキャッシングが総量規制に含まれることも忘れないでくださいね。

総量規制の対象は以下の借入で、その総額が年収の3分の1に近ければ、プロミスの審査に通るのは困難になります。

  • 消費者金融からの借入
  • 消費者金融カードローン
  • クレジットカードのキャッシング(ショッピング利用額は対象外)

以下は総量規制の対象外ですが、借入先にかかわらず、総額が年収の1/3に近くなれば、やはりプロミスで審査落ちの可能性が高くなります。

  • 銀行からの借入
  • 銀行カードローン

これに対する解決策としては、とにかく少しでも返済して借入額を減らすこと、これしかありません。

借入件数は3件以内にとどめよう

プロミスの審査では、借入額だけでなく借入先の件数も問題視されます。借入総額に関わらず、4件以上から借りていると、プロミスの審査はかなり厳しいでしょう。

同じ金額でも、一ヶ所で借りずにあちこちで借り散らせば、それだけ審査に通りにくくなってしまうんですね。

もしも既に4件で借りていたら、自分で整理して借入先を減らすか、借り換えて1件にまとめることをおすすめします。

申込みブラックにも要注意!

また過去半年間に渡って、何件も審査を申し込んだことのある人も要注意ですよ。

短期間に幾つもカードローンやクレジットカードを申し込めば、どこで審査を受けても落ちてしまう状態=申込みブラックになっている可能性があるからです。

【申込みブラック】
原因:1ヶ月に3件以上の審査申込みをした
対策:6ヶ月間は申込まない

名前は恐ろしげですが解決方法は簡単で、6ヶ月間申込みを控えれば、このブラック状態は解除されます(申込み情報が信用情報から消える)。

そもそもカードローンの申込みを、多くても1ヶ月に2件以内にとどめておけば、申込みブラックになる怖れはありません。

延滞中はプロミスの審査に通らない

あちこちで借りていると、どうしても管理が疎かになり、延滞する危険性も増してきます。カードローン、各種ローン、クレジットカードのどれを延滞しても、プロミスの審査落ちに直結しますから細心の注意が必要です。

1日でも延滞すれば信用情報機関に登録され、延滞中はプロミスの審査には絶対通りません。

短期間で延滞を解消できればいいのですが、もしも延滞の期間が長引けば、さらにタチの悪い状況に陥ってしまうでしょう。次章では悪名高き「ブラック」について解説します。

 width=

プロミスの審査に100%落ちる!?ネガティブな信用情報と解決策

審査上最高にネガティブな要素として、「ブラック」ほど厄介なものはありません。ブラックになると、プロミスで申し込んでも審査落ちは100%確実ですし、しかもその状態が長期間続くのです。

ではこのブラックとは一体どういうもので、どうすれば解決に至れるのでしょうか?

長期延滞がブラックにつながる

ブラックとは信用情報機関では「異動」もしくは「事故」と呼ばれていて、こちらが正式名称です。

ローンやクレジットカードの支払いを長期延滞すると、代位弁済や債務整理へと繋がり、これらが信用情報機関に記録されると、その間はどこで審査を受けても通らなくなります。これがいわゆるブラックと呼ばれる状態です。

【ブラック(異動、事故)になる原因】
【長期延滞】延滞が2ヶ月を超えた
【代位弁済】保証会社が返済の肩代わりをした
【債務整理】法的手続きをした(任意整理、個人再生、自己破産)

審査に通らない期間は5年以上も続きますし、その後も審査への悪影響を完全に消すことは難しいと言われています。

信用情報機関に開示請求する

ブラックに心当たりのある方は、プロミスに申し込む前に、まずブラックの登録期間が終わっているかどうかを確認してください。登録期間中は100%審査に落ちますから、申し込むだけ無駄だからです。

ブラックの登録期間は5年(銀行は10年)ですが、審査に通らない期間は、通算でプラス数年分長くなるのが普通です。

登録期間が終わったかどうかを知るには、信用情報機関に自分の信用情報を開示請求するのが確実です。

ただし信用情報機関は現時点で3つあって、それぞれ請求のための手数料もかかりますから、よく考えてから手続きしましょう。

信用情報機関 開示の手続き方法 開示手数料
JICC ・インターネット
・窓口
1,000円
CIC ・インターネット
・郵送
・窓口
1,000円
窓口は500円
全国銀行個人信用情報センター ・郵送 1,000円

なお窓口での受付は、感染拡大防止のため一時的に休止している可能性もありますのでご注意ください。

3つのステップが回復への近道

以下にブラックからの回復方法の道筋を、3つのステップにまとめました。単純ですが、これが回復への近道なのです。

1.ブラック登録期間中は申込みを控える
2.登録期間の終了を開示請求して確認する
3.審査に通りやすいカードローンで実績を増やす

登録期間が終わったことを確認できたら、ぜひプロミスで審査を受けて、良好なクレジットヒストリーを増やしていってください。こうすることで、ますますカードローンの審査に通りやすくなっていくでしょう。

社内ブラックにご用心!

ただし債務整理の経験者の方で、その時にプロミスを利用していたとしたら、残念ですがプロミスの審査に通る可能性はありません。

これはSMBCコンシューマーファイナンスが、ブラック登録が終わった後も、社内情報を残しているためです。これを社内ブラックと言います。

この場合は別の会社で申し込むことになりますが、SMBCコンシューマーファイナンスと関連する企業では、同様に社内ブラックになっている可能性も考えられます。

一度ブラックになると、この様に後々まで悪影響に悩まされることになるのです。プロミスの審査に通った方は、くれぐれも延滞にはお気をつけください。

プロミス

審査が不安な方にはプロミスがおすすめ!
審査通過率は業界トップクラスで、web完結で最短即日融資も可能です。
もちろんバレ対策もバッチリ。パート、アルバイトの方もOK!

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
借入方法
ATM、口座振込、店頭窓口
来店
不要
担保・保証人
不要
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

プロミスは審査に通りやすい!?ブラックと借り過ぎには要注意!

これからプロミスの審査を受けようと思っている方向けに、少しでも審査に通りやすくなるための情報をお届けしました。

プロミスは消費者金融ですので、総量規制などの縛りはあるものの、ビギナーの方にとっては審査に通りやすく、利用しやすいカードローンだと言えます。

ただし他でも借りている人やブラックの経験者の方は、今回お届けした対策を講じた上で、気をつけてプロミスの審査を受けるようにしてください。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる