パートアルバイトの方におすすめのカードローン会社!審査ポイントも解説

パートやアルバイトで働いている方達にとって、月々の収入が不安定なことは大きな悩みの種ですよね。

もしもその不足分をカードローンで埋めることができたら、ピンチを楽に切り抜けることができるでしょう。イザという時の備えに、カードローンはとても頼りになる存在です。

「私でも借りれるの?」と思った方に、今回はパート・アルバイトの方でも安心して申し込めるカードローン会社をご紹介しましょう。審査のポイントや注意点も詳しく解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

パートアルバイトでも申し込めるの?カードローンの審査を徹底検証!

カードローンの申込要件には「安定した収入」と書かれていることがありますが、これを見たらパートやアルバイトの方は、思わず尻込みしてしまうかもしれません。

果たして月々の収入が変動しがちな人でも、カードローンって申し込めるものなのでしょうか?これからカードローンの審査状況を、徹底検証してみたいと思います。

パートやアルバイトでも申し込める!

結論から先に言いますと、パートやアルバイトでもカードローンは申し込めますし、もちろん審査に通って借りている方も大勢いらっしゃいます。

カードローンの申込みが困難とされるのは、「無職」もしくは「収入が年金のみ」という方達で、この場合は申し込めるカードローンの種類が限られますし、審査通過も難しくなります。

しかし自分で働いてお金を稼いでいる人であれば、基本的にはどのカードローンでも申し込むことができます。

毎月の収入が安定しなくても大丈夫

でもパートやアルバイトのお仕事って、普通は毎月の収入が一定ではないですよね。これってカードローンの審査には影響しないのでしょうか?

結論から先に言いますと、心配は無用です。なぜなら申込書で申告するのは「年収額」だけで、毎月の収入の変動まではカードローン会社も把握できないからです。

ただし勤務形態を「パート・アルバイト」と申告した時点で、月によって収入額が変動することは明らかですし、当然これも審査の判断材料となります。しかし審査の可否は、これだけで決まる訳ではありません。

カードローンの審査で重視されるのは、あくまでも「年収と借入額のバランス」だからです。

年収と借入額とのバランスが重要

要は年収額に対して、借りる金額が多過ぎなければいい訳ですね。そこで次に重要になってくるのが「借入額」です。

カードローンを申し込む際には、必ず以下の総額を「借入額」として申告することになっています。

  • 消費者金融からの借入(カードローンなど)
  • 銀行からの借入(カードローンなど)
  • クレジットカードのキャッシング

ただしクレジットカードのショッピング利用額(リボや分割払い等の残高)、自動車ローンや住宅ローンの残高は対象外ですので、これらについては合算する必要はありません。

この借入額に今回の希望額を上乗せした金額が、審査の対象となります。カードローン会社は、その金額が返済可能かどうかを審査で判定する訳です。

年収の1/3までしか借りれない

ここでポイントとなるのが、年収の1/3までという貸付上限です。いわゆる「総量規制」ですね。

消費者金融など貸金業者には、申込者の年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけないという、法律上の厳格な縛りがあります。

【総量規制】
・年収の1/3超は貸せないという貸金業法の制限
・消費者金融など貸金業者が対象
・銀行も貸金業者に倣って自主規制している

銀行カードローンには法律上の制限はありませんが、借入総額が年収の1/3に近づけば、やはり審査落ちの可能性が一気に高まります。

借入総額が少ないほど審査には通りやすい

年収の1/3と言えばこのくらいの金額になりますから、総量規制に抵触するほどカードローンを使うことは滅多にないでしょう。

  • 年収:300万円 → 借入額上限:100万円
  • 年収:150万円 → 借入額上限:50万円
  • 年収:120万円 → 借入額上限:40万円

しかし借入額が少なければ少ないほど、カードローンの審査には通りやすくなりますから、希望額は必要最小限にとどめておくべきです。

銀行系カードローンの場合、総量規制対象外のカードローンとなりますが、特に他社でも借りている方は、今回の希望額で総量規制の上限に近づかないよう、できるだけ借入額を制限する必要があります。

勤続年数は長い方が有利

次に勤続年数についてですが、パート・アルバイトでも働いている期間が長ければ長いほど、やはり審査での評価は高くなります。

アルバイトを始めた直後でも審査に通る可能性はあるのですが、やはり働き始めて半年以上経ってからの方が、審査には通りやすくなるでしょう。

なお働き出して1年未満の方がカードローンに申し込む場合、申告する年収額はおおよその見込み額で構いません。

婚姻は審査に有利?

「結婚しているかどうか」、実はこれもカードローン審査には影響します。ただし結婚=審査に通りやすいなどという、単純な話ではありません。

例えば同じように結婚して家庭を持っている人でも、この様に状況によって審査に有利だったり不利だったりします。

  • パートナーも働いている → 収入が多い(有利)
  • 扶養家族が多い → 支出が多い(不利)

審査項目はこれ以外にもありますから、もちろんこれだけが結果を左右する訳ではありません。

住居も重要ポイント

今あなたが住んでいる家も、カードローン審査の重要ポイントです。簡単な例をあげますと、毎月家賃負担のある賃貸住宅よりも、持ち家に住んでいる人の方が評価は高くなります。

  • 賃貸 → 家賃負担がある(不利)
  • 持ち家 → 家賃負担がない、資産価値がある(有利)

居住期間も重要で、転居直後の人よりも、長年同じ住居に住み続けている人の方が、審査には有利です。

引っ越しが多く住まいを転々とする人は、カードローン会社には警戒されますので気をつけてください(踏み倒される可能性があるため)。

年齢制限にも注意!

年齢の高い人は、申込み年齢の制限にも気をつけてくださいね。例えば70歳までOKのカードローンもあれば、69歳までしか申し込めないカードローンもあります。

パートやアルバイトで働いていても、やはり65歳を過ぎると申し込めるカードローンの選択肢が少なくなり、審査も厳しくなってきます。

ギリギリ借りれたとしても、利用年齢の上限に達してすぐに借りれなくなってしまうかもしれません。高齢者の方は申込み年齢だけでなく、何歳まで借りれるかも事前に確認しておきましょう。

高齢者の方には、シニア向けのカードローンもおすすめですよ。これなら70歳になってからも申し込めますし、年金収入だけでも借入が可能です。

パートアルバイトの方におすすめのカードローン

ではパートアルバイトの方に自信を持ってオススメできるカードローンをご紹介しましょう。いずれも大手消費者金融のカードローンで、どなたでも安心して申込めます。

プロミスは30日間無利息!

プロミスは初めて契約する方には、30日間無利息サービスを実施しています。無利息期間は初回利用日から発動しますので、申し込んですぐに借りる予定のない方にはプロミスがおすすめです。

プロミスはお急ぎの方にも適していて、インターネットならなんと最短15秒で1次審査が完了、すぐに結果を教えてもらえます。審査に通って所定の手続きが済めば、カード発行前に振込みしてもらえますから、最短で即日借入が可能です。

申込み方法はインターネット、電話、三井住友銀行内の自動契約機のほか、アプリローンもおすすめですよ。

このプロミスのアプリローンは、スマートフォンでの申込み・借入・返済が可能ですし、「アプリdeクーポン!」という割引サービスも利用できてお得です。

年利:4.5%~17.8%
限度額:500万円
年齢制限:69歳以下
プロミス

誰にもバレたくないなら安心のプロミス!
30日間無利息※キャンペーン中!
web契約なら内緒でキャッシングできる

※メールアドレス登録、Web明細利用が必要。

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

SMBCモビットなら返済でTポイントが貯まる

SMBCモビットは、パート・アルバイトの方にも申し込みやすい消費者金融のカードローンです。申込み方法も簡単で、インターネットもしくは三井住友銀行内のローン契約機も使えます。

モビットカードが不要な方には、カードレスタイプの「WEB完結申込み」が早くておすすめです。ただしこの方法には、所定の銀行口座(三井住友、三菱UFJ、みずほ、ゆうちょ)と、所定の保険証(社会保険証もしくは組合保険証)が必要です。

これに当てはまらない方は、普通にネットから申し込んで、ローン契約機でカードを受け取りましょう。これでも最短で当日中の借入も可能です。

SMBCモビットの特徴は、利息返済200円ごとに1ポイント(T-POINT)貯まることです。返済にも1ポイント=1円として使うことができますので、SMBCモビットはT-POINTを貯めている方にもオススメですよ!

T-POINTを貯めたり使ったりするための手続きは会員専用サービス「Myモビ」から行えますが、始めから手続き不要の「Tカード機能付きモビットカード」を選択することも可能です。その場合、カードは郵送で届きます。

SMBCモビット

SMBCモビットはバレ対策に特化!
電話連絡・郵送物なしでスピーディ&誰にもバレずにキャッシングできます。

※WEB完結の場合

SMBCモビット
金利
3.0〜18.0%
審査時間
10秒簡易審査
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnetその他
本日中に借入する場合
あと
年利:3.0%~18.0%
限度額:800万円
年齢制限:69歳以下

アコムならクレジット機能つきカードを選べる

アコムもパート・アルバイトの方におすすめです。店舗がお近くにあればスタッフと相談しながら窓口で申し込むこともできますので、初めての方も安心ですよ。

もちろん誰とも顔を合わせず、最後まで1人で契約することもできます。アコムはインターネットや電話のほか、自動契約機むじんくんでの申込みが可能です。

クレジット機能つき「ACマスターカード」は、クレジットカードが欲しい方にもおすすめですよ。

初めてアコムで申し込む方には、「30日間金利0円サービス」が適用されます。30日以内に返済できる方は、アコムを選べばコストは0円です。

アコム

アコムは最大30日間金利0円!
最短30分審査・最短即日振込も可能!
ネットやATMから24時間借入できてお急ぎの方も安心

アコム
金利
3.0%〜18.0%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと
年利:3.0%~18.0%
限度額:800万円
年齢制限:69歳以下

パートアルバイトのカードローン審査のコツ!ここに気をつければ完璧!

パート・アルバイトの人がカードローンを申し込む時には、他にも気をつけるべきことが幾つかあります。次に一般にはあまり知られていない、カードローン審査のコツをご紹介しましょう。

申込書で嘘をつかないことが大事

まず絶対にやってはいけないことは、申込書で嘘をつくことです。審査に不利なら申込書を誤魔化せばいいと考える人がいますが、それは大きな間違いです。

ご説明した通り、パート・アルバイトの方でもカードローン審査には通りますし、虚偽の申告などすれば審査落ちにつながるだけです。

相手は審査のプロですから、パート・アルバイトなのに正社員と偽ったり、実際よりも多い年収や少ない借入額を申告すれば、遅かれ早かれバレるのは確実だからです。

審査中に嘘が発覚すればもちろん即審査落ちですし、万が一審査に通ったとしても、発覚した時点で強制解約されるでしょう。つまり突然カードローンが使えなくなり、一括返済を求められるのです。

しかもその事実は記録に残り、後々まで審査に悪い影響を及ぼします。カードローンの申込みで嘘をついても、いいことは一つもありません。

審査では信用情報をチェックされる

申込書で嘘をついても本当のことがバレてしまうのは、カードローン会社が審査の度に、必ずあなたの「信用情報」をチェックするからです。

【信用情報とは?】
・クレジットカードやローンの契約情報と利用状況の記録
・延滞やブラックの記録が一定期間残っている

そしてカードローン会社は必要に応じて、申込者や利用者の信用情報を確認することができるのです。

どこで延滞してもわかってしまう

日本国内には現在以下3つの信用情報機関が存在していて、これらの情報機関はあらゆるクレジットカードやローンの利用状況が集積されています。

  • (株)日本信用情報機構(JICC)
  • (株)シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター

3つの信用情報機関はネットワークで繋がっていますから、消費者金融・銀行・クレジットカード、どの利用状況も一目瞭然です。転居、転職、結婚したことも、信用情報を見ればわかってしまうのです。

もしも信用情報に延滞などネガティブな記録が残っていれば、カードローン審査の結果を左右することは避けられません。

1度きりの軽い延滞なら特に問題はありませんが、延滞を何度も繰り返している人は審査落ちの確率が高くなります。

もしも過去に2ヶ月を超える延滞もしくは債務整理をした経験があれば、その記録が5年間は消えずに残っていて、その間は絶対にカードローンの審査には通りません。これがいわゆる「ブラック」です。

2次審査では在籍確認がある

カードローンの審査を時系列に2段階に分けると、以下のようになります。1次審査では申込書が審査され、信用情報の照会もここで行われます。1次審査が終わると審査結果が出ますから、この時点で合否を教えてくれる業者もあります。

1次審査:申込書の機械審査、信用情報のチェック
2次審査:在籍確認、必要書類の提出

引き続き始まる2次審査では利用限度額が決定し、いよいよ契約手続きとカード発行へと移ります。

この2次審査で見逃せないのが「在籍確認」です。これが済まないと借りれませんから、在籍確認はとても重要です。

【在籍確認とは?】

・審査担当者から勤務先に電話がかかってくる
・消費者金融の場合は社名を名乗らない
・本人が電話に出る必要はない

在籍確認は「○さんはおられますか?」という業務電話の形をとりますから、カードローンの審査だということは分かりません。必ずしも本人が出る必要はないので、多くの場合は知らない間に終わっています。

しかしパート・アルバイトの仕事を始めたばかりの時期、特にスタッフの出入りの多い職場など、なかなか在籍確認が取れないかもしれません。

どうしても心配なら、1次審査の結果が出た時点で、カードローン会社の方に相談してみてください。電話をかける時間帯など、できる範囲内で対応してもらえる可能性があります。

申込みブラックに気をつけよう

【申込みブラックとは?】

・多重申込みが原因で審査に通らなくなってしまう状態
・申し込みは1ヶ月に2件以内が安全
・半年間経てば情報が消えて元通りになる

あと一つ、初心者がやりがちな失敗が「申込みブラック」です。インターネットなら日に2件でも3件でもカードローンを申し込めますが、これをやるとブラック状態、つまりどこで申し込んでも審査に通らなくなってしまうのです。

これはどの企業も、多重債務者を警戒するためです。申込みブラックを解決するには、信用情報の「申込み情報」が消える半年後まで、ひたすら待つしかありません。

パートやアルバイトもカードローン審査に通ることは難しくありません

総量規制や勤続年数、また信用情報や在籍確認など、カードローン審査の重要ポイントを一気にご紹介しました。

正社員や公務員に比べると不利だと考えられがちですが、基本的な知識を身につければ、パートやアルバイトの方もカードローンの審査に通りやすくなります。

月々の収入が不安定なパートやアルバイトの人にこそ、カードローンは必要です。年収と借入額のバランスを考えれば多額の借入はできませんが、返済能力の範囲内で適正な利用を心がけてください。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる