歯科矯正のお金がない!無理なく支払えるヒント

お金借りる 2021.10.04

歯並びがコンプレックスの人って、案外多いってご存知でしたか?審美治療への関心が高まっている昨今、大人になってから歯科矯正したいと考える人が増えています。

そこで問題となるのがお金です。矯正にかかる費用って、普通の人がポンと支払える額ではないことはどなたもよくご存知でしょう。

でもこれだけで諦める必要はありません。これから高額な治療費を、どなたも無理なく支払えるためのヒントをご紹介しましょう。

歯科矯正にはこれだけお金がかかる!なぜ治療費ってこんなに高額なの?

歯科矯正の治療費が高いということは、どなたも何となくご存知だと思います。しかし実際はどのくらいの費用がかかるものなんでしょうか?

そこで極一般的な歯列矯正の費用と、治療行程について調べてみました。

矯正は60歳代でも遅くない?

もしもあなたが「今さら歯科矯正なんて」と思っているとしたら、この際「歯列矯正=子供時代に済ませるもの」という思い込みは捨ててくださいね。

歯科医師によると、歯を支える歯茎や歯槽骨さえ健康であれば、60歳代になっても矯正は可能なのだそうです。

その証拠に、今は社会人になってから矯正を始める人が増えていますよね。大人になって歯並びが気になり出した人、子供時代に矯正できなかった人など事情は人それぞれですが、どなたも自分で決断して専門医を訪れています。

永久歯に生え変わっている大人の方が、子供よりも治療を始めやすいと言われているくらいですから、少なくとも年齢は矯正を諦める理由にはなりません。

歯列矯正は自由診療

残る問題は、やっぱり治療費が高額なことでしょう。

ご存知の通り、歯列矯正は保険適応外です。先天性の異常など特殊な事例を除いて、一般的な矯正にかかる費用は基本的に全額負担となります。

自由診療ですから、クリニックによって費用・料金体系・治療方針・治療期間などにかなり差があることも、ぜひ覚えておいてくださいね。

病院選びはとても大切で、何件も下調べして検討を重ねないと、満足のいく結果を得ることはできません。

矯正には年単位で時間がかかる

しかしどのクリニックを選んでも、歯科矯正に年単位の時間がかかるのは同じです。

矯正装具やリテーナー(保定装置)を装着している期間中も、調整や経過観察のためには定期的な通院が必要です。

一般的には矯正器具2年とリテーナー2年の合わせて計4年間、口腔内に器具を装着しなくてはなりません。もちろんこれには個人差がありますから、もっと短期間で矯正を完了できる人もいます。

歯列矯正はお金もかかりますが、とても根気の要る治療なのです。

矯正費用は合計で70万円〜100万円

歯列矯正の料金体系は、器具装着期間中の通院費用も込みになっているクリニックがほとんどです。

治療総額の目安としては、上顎下顎セットで70万円~100万円前後、あと精密検査などにプラス5万円程度が必要です。

通院費用が別料金になっているクリニックもありますので、料金については事前に詳しく調べてくださいね。

歯科矯正は数年以上かかるのが普通

以下は一般的な歯列矯正の行程と、それに必要な通院期間の目安です。つまり数年以上かかるこの行程全体が、歯列矯正の治療期間ということになります。

治療行程 通院
カウンセリング 1回以上
精密検査
診断
治療計画
1回以上
抜歯
虫歯の治療
(※必要に応じて)
1回以上
矯正装具の装着 1回
矯正装具の調整 1〜2ヶ月に1度
半年〜2年
リテーナーの装着 1回
経過観察 1〜2ヶ月に1度
半年〜2年

途中でやめると元の木阿弥

実際の歯列矯正は、必ずしもこのスケジュール通りに進むとは限りません。虫歯が多かったり、噛み合わせに大きな問題があれば、矯正器具を装着できるまでにさらに時間がかかり、さらに多くの費用が必要となります。

中には長期間に渡る装具の装着が苦痛になって、治療を途中で投げ出してしまう人もいますが、これ以上もったいない話はありません。

矯正の最終段階であるリテーナーの装着をサボっただけでも、せっかく矯正を終えた歯列が、また元の状態に戻ってしまうことだってあるからです。

もしも最初からやり直しになれば、期間も費用も元の2倍かかってしまうでしょう。歯列矯正は最後までやり通さないと意味がないですし、そのためにも信頼できる良いクリニックに巡り会うことが大切なのです。

安価な矯正にご注意!

インターネットを調べていると、一般的な矯正とは比べものにならないほど、安価かつ簡単な治療法がヒットすることがあります。

安価で簡単なのは当然で、これは歯列矯正とは根本的に異なる治療法です。歯全体ではなく数本の歯だけにターゲットを絞り、見栄えを整えることがこの治療の目的です。

従ってこの方法には、歯列全体の矯正や、噛み合わせを整える効果は期待できません。また健康な歯を削りますから、時間が経って歯や歯茎にトラブルが発生する危険性もあります。

安価な治療法にはそれなりの理由がありますので、簡単に飛びつかないようご注意ください。

歯科矯正にお金が足りない時におすすめ!すぐに借りれるカードローン

次にどなたも借りやすいカードローンをご紹介しましょう。いずれも即日融資に対応しており、お急ぎの時にも役立ちます。

プロミスは30日間無利息!

【プロミス】
年齢制限:69歳
実質年利:4.5%〜17.8%
限度額:500万円
サービス:初めての借入から30日間無利息

プロミスは、初めての借入から30日間は利息がかかりません。

歯科矯正の資金の不足時に借りても、すぐに返済できるならコストは0円です!

またカードなしタイプやアプリローンを選べば、生活費が足りない時にも、誰にも気づかれることなくスマートに借りることができます。プロミスは契約しておいて損のないカードローンです。

プロミス

お急ぎならプロミス!土日でも夜間でも24時間OK。web契約なら最短30分、誰にもバレずにキャッシングできます。もちろんパート・アルバイト、主婦、学生もOK!
30日間無利息※キャンペーン中

※メールアドレス登録、Web明細利用が必要。

プロミス
金利
4.5%〜17.8%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

SMBCモビットはTポイントが貯まる

【SMBCモビット】
年齢制限:69歳
実質年利:3.0%〜18.0%
限度額:800万円
サービス:利息返済200円ごとに1 T-POINTが貯まる
カード選択肢:クレジット機能つき「Tカード プラス(SMBCモビットnext)」

SMBCモビットでは「WEB完結」という、在籍確認(勤務先への確認電話)のない申込み方法が可能です。WEB完結なら最短3分で振込みが可能ですので、極端な話、矯正治療を決めたその日でも間に合いますよ。

またSMBCモビットは返済時に、利息200円ごとに1ポイント(T-POINT)が貯まります。貯めたポイントは、T-POINT加盟店だけでなく、SMBCモビットの返済にも使えます。

WEB完結ではモビットカードが発行されませんので、その場合は別途T-POINTの貯まるTカードをご準備ください。

SMBCモビット

SMBCモビットはバレない対策に特化!
WEB完結なら電話連絡なし・郵送物もなくスピーディ&誰にもバレずに利用できます。

SMBCモビット
金利
3.0〜18.0%
審査時間
10秒簡易審査
バレない対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnetその他
本日中に借入する場合
あと

アコムも30日間無利息!

【アコム】
年齢制限:69歳
実質年利:3.0%〜18.0%
限度額:800万円
サービス:初めての契約から30日間無利息
カード選択肢:クレジット機能つき「ACマスターカード」

アコムでも30日間無利息サービスを実施していますが、契約の翌日から30日間がスタートするため、すぐに借り始めないと無利息期間が無駄になります。

アコムも即日融資に対応していますから、お急ぎの場合にもおすすめですよ。また今回ご紹介したカードローンは、すべて自動契約機が利用できます。

アコムも契約機で申し込めば、その場ですぐローンカードが発行されますし、その場合はクレジット機能つき「ACマスターカード」を選ぶことも可能です。

アコム

アコムは最大30日間金利0円!
最短30分審査・最短即日振込も可能!
ネットやATMから24時間借入できてお急ぎの方も安心

アコム
金利
3.0%〜18.0%
審査時間
最短30分
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

歯科矯正はお金がなくても始めれる!デンタルローン&カードローン

歯科矯正にはとにかく時間がかかりますから、仕事や家事に差し支えないタイミングで治療をスタートするのが一番ですよね。その時までに資金の調達が間に合わなくても、これからご紹介する方法なら大丈夫です。

クリニックでも契約可能なデンタルローン

第一の方法は「デンタルローン」です。これは矯正やインプラントなど、歯科の治療費を借りるためのローンです。

デンタルローンはこの通り金利も低く、ほぼ歯科矯正に必要な額を借りることができます。

企業 ローン 金利
イオン銀行 デンタルローン 年3.8%〜8.8%
スルガ銀行 デンタルローン 年3.5%〜6.5%
アプラス デンタルローン 年0%:6回・10回払い
年3.9%:最大84回払い
ジャックス Dentcure(デントキュア) 年4.5%:6回〜84回払い

アプラスのデンタルローンのように、矯正治療を受ける歯科クリニックで契約できる場合もありますが、自分でローンを選んで申し込んでも構いません。

インターネットで「デンタルローン」を検索すれば様々な商品がヒットしますし、使用目的を問わない「フリーローン」も利用できます。

カードローンは手軽に申し込める

次にご紹介するのは「カードローン」です。カードローンは自由度が高く、一度審査に通れば、カードを使って繰り返し借りることができます。

歯科矯正の費用だけでなく、生活費や旅行費用を借りることも可能ですので、1枚あると何かと役に立つでしょう。

カードローンとデンタルローンには、以下のような違いがあります。

違い カードローン デンタルローン
使い方 繰り返し借りれる 借入は1度だけ
審査スピード 早い 遅い
審査基準、申込み条件 やや緩い やや厳しい
限度額 足りない場合もある ほぼ十分
年利 高め 低め
サービス 30日間金利0円など
カードローンのメリットは、早ければ当日中に借りれることです。今すぐ歯科矯正の費用が必要な時こそ、カードローンがピッタリなのです。

ただし限度額が十分とは限らず、歯科矯正の費用全額を借りるのは難しいかもしれません。

カードローンは金利も高いですので、歯科矯正費用の一部を補填したり、生活費全般の補助としてご活用ください。

歯科矯正はお金がない人でも大丈夫!カードローンなら即日借入も可能

お金がないからと言って、歯科矯正を諦める必要はありません。今回ご紹介した方法なら、資金不足の人でも、きれいな歯並びを手に入れることが可能です。

金利の低いデンタルローンを契約できるクリニックならいいのですが、そうでない場合はカードローンもおすすめです。

カードローンなら思い立った時にすぐ借りれますので、歯科矯正のチャンスを逃さずに済みます。ぜひあなたも歯並びのコンプレックスを克服してください。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる