在籍確認なしのカードローンをご紹介!職場への電話連絡がない業者はある?

カードローンでお金を借りてみたいけれど、家族や会社などまわりの人にバレるのは困る…という方は多いですよね。

最近では、ネット申し込みやコンビニATMなどを利用した借入・返済が可能になり、あからさまに『カードローンでお金を借りている』ということが人に知られるような状況は少なくなりました。

そんな中でまだほとんどのカードローン会社で避けられないのが、審査の過程で勤務先に電話をする『在籍確認』です。

ここでは気になる在籍確認の仕組みや目的、そして在籍確認の電話なしで利用できるおすすめのカードローンについて解説していきたいと思います。

勤務先に電話をかける!?カードローン在籍確認とは

まずは在籍確認とは何なのか?ということについてご説明していきましょう。

在籍確認とは、カードローンの審査の際に本人が申告した勤務先に電話連絡をして、間違いなく本人が在籍していることを確かめることを言います。

カードローンでは新規申し込みの際に必ず審査が実施されますよね。その審査の過程のひとつとして、在籍確認は行われるのです。

現状、ほとんどのカードローン会社で電話による在籍確認を行っています。

ただし業者によっては、すべての人に在籍確認を行わないケースもあります。申込者の中から無作為に、あるいはなんらかの条件をつけて対象となった何割かの人のみ在籍確認をとるのです。

とはいえ、前提として『在籍確認がある』カードローン会社では、だれもが在籍確認を受ける可能性があることは理解しておくべきでしょう。

勤務先=収入はやっぱり重要!在籍確認の目的

では、わざわざ勤務先に直接電話をするという手間をかけてまで、カードローン会社が在籍確認を行う目的は何なのでしょうか?

それは、返済トラブルが生じるリスクを可能な限り低くするためです。

カードローンの審査というのは、主に利用者の返済能力を確認するためのものです。そして、返済能力を評価する上で最も重要視されるのは、やはり安定した収入があることですよね。したがって、その収入源となる勤務先に関する情報は、できるだけ正確に把握しておきたいというわけです。

だからこそ、あえて申告された勤務先に連絡し、誤りや虚偽申告がないことを確認するという手順を踏むようになっているのです。

万が一、虚偽申告をしていた場合、重要な項目に関してウソをついてカードローンを申し込んでいたということで、ほぼ無条件に審査に落ちてしまうことになる可能性が高いので注意してください。

会社バレのリスクもある?カードローン在籍確認の気になる疑問を解説

カードローンで在籍確認の電話が必要ということはわかっても、実際に自分がカードローンを申し込んで勤務先に電話がかかってくると思うと、不安なことがたくさんありますよね。

例えば自分が電話に出ないと在籍確認ができないのか、会社にカードローンを申し込んだことがバレてしまうのではないか…など、いろいろと気になる方が多いと思います。

そんなカードローンの在籍確認のよくある疑問についても、一通り解説していきましょう。

疑問その1!在籍確認の電話、カードローン会社の名前でかけてこない?

まず一番に気になるのは、勤務先にどのような形で電話がかかってくるのか?ということですよね。

カードローンの在籍確認の電話は、基本的にはカードローンを提供している会社から申し込んだ本人にあてて直接かかってきます。

となると、自分以外の人が出た場合などにカードローン会社からだということがバレてしまう!と思うかもしれませんが、実際にはその心配はありません。

原則として、カードローン会社、特に消費者金融系の業者が在籍確認の際に会社名を出して名乗るということはあり得ません。

ほとんどの場合、社名を出さず個人名で対応します。

一方、銀行やクレジット会社が取り扱っているカードローンであれば、社名を出して電話をかけてくることもあります。といっても、銀行やクレジット会社ではカードローン以外にも様々なサービスを取り扱っていますから、社名が知られても、それがカードローンに結び付く可能性は低いですよね。

いずれにせよ、カードローン会社の方もユーザーが周囲の人に内緒でお金を借りたい可能性が高いことは承知していますから、しっかりと配慮したうえで在籍確認を行うようにしています。

疑問その2!在籍確認の電話、本人以外が対応しても大丈夫?

在籍確認の電話がかかってきた場合、絶対に自分で対応しないといけないのか?というのも気になるところだと思います。

外出している時間も多い営業職の方などは、在籍確認があるとわかっていても会社にいられないこともありますよね。

在籍確認の電話は、必ずしも自分で対応しなければ完了しないというわけではありません。

あくまでも在籍を確認することが目的ですから、例えば社内にいる人が対応して、『〇〇は現在、外出しております』などと伝えるだけでも、確認が取れたことになるのです。

なお、カードローン会社によっては在籍確認の電話をかけるタイミングをある程度指定できるところもあります。なるべく自分で応対したいという方や、勤務先自体に人がいる時間が限られるという場合は、そうした対応が可能かどうか、申し込み後に一度確認してみるとよいでしょう。

また、自分自身が対応するにしても、他の同僚が対応するにしても、あまり関係ない部署に電話がかかってしまうとスムーズに情報が伝わらないことがあります。

申告する連絡先は、代表番号などではなく、なるべく自分の部署に直接かかってくるようなものがベストです。

疑問その3!同僚に在籍確認の電話を怪しまれたらどう対応すべき?

職場や職種によっては、個人から個人にあてて電話がかかってくること自体が基本的にないということもありますよね。

その場合、名指しで電話がかかってきただけで周りの人が不審に思い、『どんな用件で電話がかかってきたのか?』と聞かれることもあるかもしれません。

そんな時は、クレジットカードの会社からの電話のように装うのが無理なく切り抜けるにはおすすめです。

クレジットカードでも新規申し込みの際には審査があり、その過程には在籍確認があります。また、カード情報などなんらかの確認で勤務先に電話をしてくるということも、まれにですがあります。

こうした実際にあり得る理由を使うことで、不審に思われるリスクはかなり低くなるでしょう。

また、個人あての電話がかかってくることがほとんどない職場では、名指しの電話には原則対応しないというマニュアルを設けているところもあるかもしれません。

その場合は、あらかじめ上記のような理由で電話がかかってくるので取り次いでください、と伝えておくようとよいでしょう。

疑問その4!カードローンの在籍確認って絶対に避けられないの?

そもそも、在籍確認の電話自体を何とか避けたいという方もいらっしゃるでしょう。

冒頭でもお伝えしたとおり、在籍確認の電話は必ずしも申し込んだ人全員に行うわけではありません。とはいえ、在籍確認があるカードローン会社を利用すれば、確実に在籍確認を避けるというのは難しいのが実情です。

そうはいっても、勤務先によってはそもそも個人につながるような電話回線が設けられていなかったり、会社の休日にカードローンを申し込んでしまって当日中の在籍確認が不可能なケースもありますよね。

そのような場合は、申し込みの際に一度カードローン会社に相談してみましょう。

場合によっては、社員証や直近の給与明細など在籍確認が取れる書類を提出することで、在籍確認の代替とできることもあります。

ただしそうした個別対応が可能かどうかは業者によって異なるので、必ず申し込み時に確認が必要です。

あるいは、確実に在籍確認の電話を避けるために、在籍確認不要で利用できるカードローン会社を選ぶというのも1つの方法です。

まだまだ数は少ないですが、最近では在籍確認の電話が原則不要となるカードローン会社が出てきています。選択肢がかなり限られてしまうという難点はありますが、在籍確認を確実に避けることに重点を置くのであれば、検討してみる価値はあるでしょう。

大手で安心!電話で在籍確認不要なおすすめカードローン会社

それでは最後に、在籍確認の電話不要で利用できるカードローン会社をご紹介しましょう。在籍確認の電話不要での利用が可能なことを明言しているカードローン会社は、以下の2社となっています。

  • SMBCモビット
  • アイフル

いずれも誰もが知っている大手のカードローンですね。それでは、そのサービス内容や在籍確認不要で利用する方法を解説していきましょう。

WEB完結申し込みで在籍確認不要!SMBCモビット

SMBCモビットは、その名前からわかる通り、SMBCグループに属するカードローン会社です。知名度も高く、人気の大手カードローン会社の1つですよね。

SMBCモビットでは、インターネット上で申し込みから契約まですべての手続きを済ませることができる『WEB完結』という申し込み方法を利用して、在籍確認の電話なしでの審査・契約が可能になっています。

勤務先・自宅含め一切の電話連絡がないのに加えて、カードレスで郵送物もなし、借入は口座振替という非常に利便性の高い仕組みになっており、無駄な手間や待ち時間なくカードローンを利用したいという方にはぴったりです。

すべての手続きがオンライン上で完結するということで、周囲の人にカードローンの利用がバレる心配もまずありません。

ただしこの『WEB完結』サービスを利用するにあたっては、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証または組合保険証を持っている

この2つの条件を片方だけでも外れてしまうと、通常のカード発行形式の申し込み方法しか選ぶことができず、自動的に電話での在籍確認も必要になってしまいます。

SMBCモビットを確実に在籍確認の電話なしで利用したいという方は、忘れずに上記の2つの条件を確認しておくようにしましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットはバレ対策に特化!
WEB完結なら電話連絡・郵送物もなしでスピーティ&誰にもバレずにキャッシングできる

※WEB完結の場合

SMBCモビット
金利
3.0~18.0%
審査時間
10秒簡易審査
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnetその他
本日中に借入する場合
あと

アイフルは原則電話での在籍確認・自宅連絡なし

もう1つ、在籍確認の電話なしで利用できる可能性があるのが、こちらも大手カードローン会社としてよく知られているアイフルです。

アイフルでは、原則として申し込みの際に自宅・勤務先への電話連絡を行わないということを明記しています。

電話での在籍確認の代わりに、収入証明書類(源泉徴収票、直近2ヶ月分の給与明細など)を提出することで、就業状況の確認をとれる仕組みになっているのです。

ただし電話連絡をしないというのはあくまでも原則であり、書類だけで勤務先に関する十分な情報が得られないなど、在籍確認が明確に取れない状況であれば、電話での在籍確認に切り替えることはあり得ます。

その点、明確な条件を設けて在籍確認不要のシステムを作っているSMBCモビットと比べて、ルールがあいまいなところがあるので少し注意が必要です。

アイフルで確実に電話での在籍確認を避けたいという方は、申し込み後に一度相談してみた方がよいでしょう。

アイフル

初めての方は最大30日間利息0円!
郵送物もなくスピーディ&誰にもバレずに利用できます。

アイフル
金利
3.0%~18.0%
審査時間
最短25分融資
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnetその他
本日中に借入する場合
あと

意外と重要!在籍確認電話不要のカードローンで会社バレは防げる

最近ではかなり身近になってきているカードローンですが、やはりお金を借りるというのは周囲の人にあまり知られたいことではありませんよね。少しでもバレるリスクを減らしたいと考えるのは自然なことです。

在籍確認の電話も、カードローン会社であることがわからないように相当の配慮がされていますが、それでも全くリスクがないとは言い切れません。

会社バレを防ぐためには、電話での在籍確認がいらないカードローンを選ぶというのは非常に有効な方法です。

カードローン選びでは金利や融資のスピードなど気になる条件がいろいろある中、在籍確認の電話の有無というのは見落としがちですが、意外と重要なポイントです。ぜひこんな細かいところにも注目して、自分にぴったりのカードローンを見つけてくださいね。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる