生活保護受給者の方でも借りられるカードローンはある!?審査通過のポイント

生活保護とは、事情があって働くことができない人が生活するために最低限のお金を国から支給してもらうことができる制度です。不景気の影響もあってか、生活保護受給者の割合は年々増えているようです。

生活保護で受け取ることのできるのはあくまでも最低限の金額です。地域によって必要な生活費は違ってきます。

生活保護を受けていてもそれだけでは足りず、お金を借りたいという人もいるようですが、果たして生活保護を受けていてもサラ金を利用することは可能なのでしょうか?

\WEB完結なら電話連絡なし/

実は厳しい生活保護の受給基準!あれこれ規制も多い!?

生活保護を受けられる人はラッキーと思われているようですが、そんなことはありません。生活保護を受けるためには厳しい審査があって、誰でも簡単に受給できるわけではありません。

生活保護費というのは税金から支払われているため、審査は慎重に行われます。最近では、生活保護の不正受給なども多く、世論は厳しい目で見ていますので、ハードルは高くなっています。

生活保護受給のための条件

では、生活保護を受けるためにはどのような条件があるのでしょうか?下記の条件をすべて満たさなければ生活保護を受けることはできません。

生活保護を受ける条件

  • 家族や親せきに援助してくれる人が全くいない
  • 貯金や不動産などの資産が全くない
  • 病気やけがなどで働くことができない
  • 毎月の収入が最低生活費を下回っている

生活保護の審査では家族や親せきなどに援助してくれないかどうか扶養照会という通知が届きます。それでも、誰も援助を承諾してくれなければ、生活保護を受けることができます。

家などの不動産や貯金がある場合には生活保護を受けることはできません。まずそれらを処分して、現金に換える必要があります。

車などの贅沢品がある場合にも生活保護を受けることができない場合もあります。ただし、通院などで車が必要な場合には例外的に認められることもあります。

厚生労働省によって、各地域の最低生活費が決められています。これを下回った場合に生活保護を受けることができます。

年金や育児手当などを受給していたり、アルバイトなどで収入がある場合でもその総額が最低生活費を下回る場合には、その差額分を受給できる仕組みになっています。

生活保護を申請すると預金などの資産状況をチェックされる!

受給のための条件が満たされている場合、生活保護の申請が可能となりますが、申請後、福祉事務所の職員による審査が行われます。審査に通らなければ、生活保護を受給することはできません。

生活保護の審査では貯金がないか、資産がないか、保険はないかなど、経済状況をチェックします。そこで問題がなければ、約2週間ほどで生活保護の受給が開始されます。

資産に余裕のある人や働ける人は生活保護の審査に通らない

ここまで読むと簡単に生活保護を受けられるように思われるかもしれませんが、働けるのにただ惰性で働かないというようなケースは生活保護を受けることはできません。

当然のことですが、資産に余裕のある人・働く能力のある人は、生活保護を申請しても審査に通らないのです。

最近はそのような輩も多いので、窓口でまずはハローワークなどで仕事を探すように指導されることでしょう。

生活保護受給中の借入は要注意!?バレた時のリスクが高すぎる

生活保護を受給していてもそれだけでは足りずに、できればカードローンで借入をしたいと希望する人がいますが、そんなことは可能なのでしょうか?

生活保護下でカードローン利用は可能か?

生活保護の支給額は地域の最低生活費に応じて決まるという話をしましたが、最低生活費というのは地域の物価により異なり、大よそ9万円から14万円となります。

確かにそれだけの金額では贅沢はできないですし、もう少しお金があったらいいなと思う場面も多いかもしれません。しかし、それならば生活保護に頼るのではなく、自分で働いて好きなだけ稼いだ方がいいのではないのでしょうか?

おまけに生活保護を受給していると生活そのものがいろいろ制限されます。

生活保護受給中の生活制限

  • 車などの贅沢品を所持できない
  • 自由に引っ越しができない
  • 旅行に行くことができない
  • 貯金ができない

また定期的に福祉事務所の職員が訪問し、生活態度や生活水準、購入品などのチェックを行います。そんな厳しい制限がある中で、サラ金に手を出すことなどできるのでしょうか?

生活保護に関する法律

その答えは法律の文言の中にあります。

生活保護法第60条の「生活上の義務」をみてみましょう。「常に能力に応じて勤労に励み、支出の節約を図り、その他生活の維持、向上に努めなければなりません 。」と決められています。

つまり生活保護を受けている人は一生懸命働き、かつ節約し、生活の維持や向上に努めなければならないということになります。できれば、早く仕事を見つけて自立してくださいねとも解釈できますね。

節約が義務であるなら、カードローンでお金を借りるというのはNGですね。もしこのような行為が発覚すれば、生活保護の打ち切りもやむをえません。

カードローン審査では安定した収入が求められる

また、カードローンを利用する最大の条件が、安定した収入があることです。

これは勤務先に電話をかける在籍確認などによって確認されます。つまり、生活保護を受給しているだけでは、安定した収入があるとは言えません。

安定した収入の典型的な例は、毎月決まった額が振り込まれるサラリーマンの給料です。つまり収入と言っても、自分自身が働いて得た報酬であることが求められるのです。

生活保護を受給している人がカードローン審査に通る可能性はない?

カードローン会社側の視点から見ても、返済能力の乏しい生活保護受給者にお金を貸すということはリスクを負うことになります。

そもそも生活するためのお金に困っている人が、カードローンの返済ができるかどうかは疑問ですよね。カードローン会社にしても、生活保護を受給している人にはお金を貸したくないと考えるのが自然でしょう。

状況にもよりますが、一般的には生活保護の受給者がカードローン審査に受かる可能性はないと考えて間違いありません。

生活保護で貰ったお金でローンの返済はできない

ローンがある場合でも、生活保護の申請は不可能ではありません。ただし返済に生活保護費を充てることはできませんのでご注意ください。

これは最低限度の生活を保障するという、生活保護の趣旨に反するからです。

ローン返済には、働いて得たお金などを充てる必要があります。もしも生活保護費でローン返済していることがバレたら、保護打ち切りも考えられるでしょう。

つまり既にローンがある人、もしくはこれからローンを利用したい人も、生活保護の受給については気をつける必要があるのです。

生活保護受給中のカードローン利用ははバレる!?

実際に、生活保護受給中にサラ金を利用するとバレるのでしょうか?

カードローンの利用歴というのは信用情報に記録されます。この信用情報は金融機関の間では公開されているのですが、役所は見ることはできません。ですので、直接的にバレる可能性は低いです。

しかし、銀行口座からの口座振替やローンカードがみつかって、カードローンの利用がバレることはあります。また借りたお金で購入した商品に関して訪問したケースワーカーに追及される可能性もないとは言えません。

バレるかもしれないと心配しながら借金するのは、生活保護受給中の大きなストレスになるでしょう。

借金がバレると生活保護打ち切りも!?

なにより、生活保護受給中にお金を借りたことが発覚すれば、受給の打ち切りや今までの受給分の返済などを求められることもありますので、経済的に非常に厳しい状況になってしまう恐れがあります。

そのようなリスクを犯してまでも、カードローンを利用する必要があるのか、よく考えてみることをおすすめします。

生活保護下でローンを利用することは、バレるからダメなのではなく、そもそも生活保護の目的や理念と矛盾した行為だからなのです。

ローンを利用するにしても、生活保護以外で得たお金で返済できる範囲内に限られますし、それ以上なら審査に通らないでしょう。

ヤミ金ならバレないが違法かつ危険なので厳禁!

生活保護でも借りれるヤミ金ならバレませんが、金利が高く取り立ても厳しいので、絶対に手を出さないようにしてください。「生活保護でも即日融資可能」などといった広告には、すぐ飛びつかないことが大切です。

このような業者を利用すると、法定基準をはるかに超える金利を取られるだけでなく、返済できない時には厳しい取り立て行為を受けることになるでしょう。つまり借りる前よりも、ずっと困難な状況に陥るはめになるのです。

【ヤミ金で借りるとどうなる?】

  • 法定金利の数百倍以上の利子を取られる
  • 返せないと厳しい取り立てを受ける
  • 返済後も勧誘がしつこい

生活保護でも借りれてしまうヤミ金は甘い誘惑ですが、決して乗ってはいけません。

生活保護を卒業してカードローンを利用しよう

働かないで生活費を受給することができる生活保護は確かに一見楽なのかもしれません。しかし、カードローンを利用したいぐらいお金が足りないということは、生活保護を受給する最低限の生活に満足できなということになります。

満足できない状況をずっと続けるよりは、身近なところでアルバイトなどを始め、少しづつ収入を増やし、生活保護から自立するのがいいと思います。やはりカードローンは、生活保護を卒業してから利用する方がいいですね。

公的機関に相談を!

病気やけがでどうしても働くことができない、さらにお金が足りないのでカードローンを利用したいという場合は福祉事務所のケースワーカーなどに相談することをおすすめします。

生活保護を受給しながらのカードローンの利用は難しいかもしれませんが、それ以外に正規の方法で不足分を補う方法があるかもしれません。目的によっては貸付制度があるようなので、相談してみましょう。

審査に自信のない時には消費者金融のカードローンがオススメ

職種を選ばず、短時間でもいいからアルバイトを始めることで安定した収入を得ることができます。安定した収入があれば、カードローンの利用が可能になります。

ただし、働き始めたばかりでは、収入も少ないですし、勤続年数も短いですから、属性は弱いのできるだけ審査の緩いカードローンの利用をおすすめします。

消費者金融のカードローンなら、収入が不安定なパートやアルバイトでも申し込みが可能です。

審査の緩いカードローンと言えば、銀行カードローンのより消費者金融です。

おすすめはやはり長年培ったノウハウと充実したサービスを提供してくれる大手消費者金融です。次にご紹介する消費者金融のカードローンなら、初めての方でも安心して申し込めますよ。

初めての方は30日間無利息!大手のアイフル

消費者金融大手のアイフルは初めての方なら30日間無利息で利用頂けますので、おすすめです。審査時間も短く最短25分で融資してもらえるなど、即日振込にも対応していますから、お急ぎの方にも最適ですよ。

アイフル

初めての方は最大30日間利息0円!
郵送物もなくスピーディ&誰にもバレずに利用できます。

アイフル
金利
3.0%~18.0%
審査時間
最短25分融資
バレ対策
利用可能なコンビニ
LAWSONSEVENELEVENEnet
本日中に借入する場合
あと

生活保護中のカードローンは難しい!まずは収入を得ることから

生活保護でもサラ金の利用は可能なのかということを調べましたが、残念ながら法律上、生活保護受給中の借入は難しいでしょう。

生活保護中に借り入れをしても、バレない可能性はありますが、発覚した際には生活保護の受給が止められるだけではなく、今までの受給分も返済しなければならなくなることもあります。

サラ金の借り入れを考えるよりも、まずは身近なところでアルバイトを始め、徐々に生活保護を減らし、自立できるように努力しましょう。

短時間のアルバイトでも構いませんので、安定した収入を得ることができれば、利用できるカードローンの幅はぐんと広がります。

ただし、属性は弱いので、できれば審査の緩いカードローンを選ぶと、スムーズに借入ができると思います。こちらで紹介した以外にも、審査の緩いカードローンは多数あります。

ただし、注意して欲しいのがヤミ金の存在です。貸金業法が改正されてからは、ヤミ金と呼ばれる違法業者は減りましたが、現在でも存在します。

ヤミ金では、生活保護でも借入可能などという甘い文句で勧誘してきます。このような違法業者と関わると高金利の貸し付けや暴力的な取り立てなど、トラブルに巻き込まれる危険性がありますので、注意しましょう。

関連記事