ブラックでも借りられるカードローン!審査に通るための対策

これから「ブラック」もしくは「ブラック疑い」の方に、とても役立つ情報をお届けしたいと思います。

あなたは自分がカードローン審査を受ければ絶対に落ちると思い込んではいませんか?実際には審査に受かる可能性があったり、また簡単な方法で解決できるケースも多いんですよ。

これから審査の基礎知識と、ブラックの人がカードローンを利用するための方法をご紹介します。カードローンの正確な知識を身につけて、次回はぜひ審査を突破しましょう。

ブラックだけが審査落ちの原因じゃない?カードローンの基礎知識

カードローンを申し込んで審査に落ちると、本当にガックリきますよね。でもここで落ち込んではいられません。審査に落ちた理由を検証して、次の申込みに備える必要があるからです。

審査落ちの理由は教えてもらえない

しかしカードローン会社に問い合わせても、審査落ちの理由は絶対に教えてもらえません。なぜなら企業の審査内容は、決して外部に漏らしてはいけないことになっているからです。

しかし審査落ちの原因を素人判断したところで、おそらく役には立たないでしょう。「ブラックだから審査に落ちた」ではあまりに単純過ぎますし、これでは次回に向けて対策を立てることすらできません。

虚偽の申告が審査落ちの原因になる

そもそも審査落ちの理由は、ブラック以外にもたくさん考えられます。例えば以下のようなカードローン審査におけるリスク要因も一つなら大丈夫ですが、複数の要因が重なれば審査落ちの理由になります。

  • 年齢が高い
  • 年収が低い
  • 勤続年数が少ない
  • アルバイト、パート
  • 住宅ローンの返済中

しかし年収や住まいを簡単に変えることはできませんから、個人情報については対策の立てようがないですよね。カードローンの申込みは、一にも二にも正直な申告こそが良い結果をもたらします。

申込書で嘘をつけば、それが原因で審査に落ちてしまいますから、虚偽の申告は絶対にやってはいけません。

信用情報の利用履歴は重大な要素

審査へのダメージがより深刻なものとしては、以下のような要因も考えられます。これらは全て信用取引に関わるものです。

審査落ちの原因 審査へのダメージ 解決策
■延滞中
・ローン
・カードローン
・クレジットカード
延滞を解消する
■軽い延滞の履歴 2年間待つ
■借り過ぎ 軽~重 ・借入額を年収の1/3より減らす
・借入件数を4件以下にする
■申込みブラック 半年間申し込まない

企業はカードローンの申込みを受け付けると、信用情報機関にデータ照会して、必ず上記の項目に問題がないかチェックします。

信用情報は、絶対に隠したり誤魔化したりは出来ません。企業は情報を共有しており、消費者金融・銀行・信販会社、どこで申し込んでも筒抜けです。

しかも信用情報は審査結果を左右する重大な要因ですので、ただ一つ問題が見つかっても審査落ちにつながります。

申込み過ぎるとブラックになる

上の表中の「申込みブラック」とは、カードローンやクレジットカードの申込み件数が多過ぎることが原因でなるブラック状態(100%審査に落ちる)で、初心者が陥りがちな失敗の一つです。こちらは申込ブラックの原因と影響、対策です。

  • 原因:1ヶ月に3件以上の申込み
  • 影響:どこで申し込んでも審査に落ちてしまう
  • 対策:半年間は申込みを控える

ブラックと言っても解決は容易で、半年間申込みを我慢すれば元の状態に戻れますし、最初から「申込みは1ヶ月に2件以内」を守っていれば、申込みブラックにはなりません。

年収の1/3以上は絶対に借りれない

他社からの借入れは、カードローン審査により深刻な影響をおよぼします。カードローン会社は、他でも借りている人に対しては厳格で、借入額や借入件数が多いほど通りにくくなります。

これは貸金業者には総量規制という法律上の縛りがあって、年収の1/3以上は絶対に貸してはいけないことになっているからです。

【総量規制とは!?】

説明:年収の1/3以上は借りれない
影響:どこで申し込んでも審査に落ちてしまう
対策:返済して負債を減らす

対策としては、とにかく少しでも返済して借入額を減らすしかありません。総量規制がかからない銀行で借りるという手もありますが、銀行は審査が厳しいですし、いずれにしても借入額が増えれば審査には通りにくくなるのは同様です。

  • 総量規制の対象:ローン、カードローン、キャッシング
  • 総量規制の対象外:銀行ローン、銀行カードローン、クレジットカードのショッピング枠

借入件数も重要で、借入先が4件を超えると、大手企業の審査には通りません。もしもすぐに返済するのが無理ならば、借り換えして1件にまとめるという方法も有効ですよ。

延滞中は審査に通らない

ローンの返済ができず延滞してしまった時、他で借りて返済しようと考える人がいますが、これは事実上不可能です。延滞中に他で申し込んでも、審査には通らないからです。

延滞中であることは、信用情報機関を通じてどの業者や銀行にも伝わりますから、隠れて申し込むという訳にもいきません。

延滞は誰にでもある失敗ですが、何とかしてこれ以外の方法でお金を工面して、2ヶ月以内には必ず入金できるよう努力すべきです。

なぜなら頑張って短期間で返済できれば、審査への影響も少なく、その記録も24ヶ月後には跡形もなく消えてしまうからです。

しかし2ヶ月を超えても入金できないとなると、今度こそ本物のブラックになってしまうでしょう。こうなるととても厄介ですよ。

ブラックになるとカードローン審査は全滅?これが本物のブラックだ!

軽い延滞ならば簡単に解決できますが、2ヶ月を超えると一気に状況が変わってきます。こうなると完全な解決は非常に困難で、そのためには多くの時間を費やすことになります。

では本物のブラックとは一体どういうもので、どうすれば元通りに借りれるようになるのでしょうか?

ブラックの原因は「異動」と「事故」

ご存知の方も多いと思いますが、「ブラック」とは俗称で、信用情報には「異動」や「事故」と記載されています。この情報が信用情報機関に登録されると、カードローン・各種ローン・クレジットカードの審査は全滅です。

それがまるでブラックリストに載ったかのように見えることから、一般にブラックと呼ばれています。

一言でブラックと表現すれば単純に聞こえますが、実際には複雑な法的手続きが進行しています。

【ブラック(異動、事故)とは?】
・長期延滞(2ヶ月を超える延滞)
・代位弁済(保証会社が代わって返済)
・債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

まず延滞が2ヶ月を超えると、保証会社が返済を肩代わりします。これが「代位弁済」です。そしてどうしても返済できないとなると、「債務整理」という法律上の手続きが必要になってきます。

「長期延滞」「代位弁済」「債務整理」のすべてがブラックで、この記録が信用情報に残っている限り、どこで審査を受けても通りません。

一括返済を請求されるのがスタート

一般的に長期延滞からの流れは、以下のようになります。延滞が長期化すれば、一気に状況が変わってしまうことがよく解るでしょう。

  1. 長期延滞する
  2. 保証会社が代位弁済を行う
  3. 保証会社から一括返済を請求される
  4. 専門家に相談 → 債務整理へ

カードローン会社からの督促電話を無視し続けても、2.で保証会社から一括返済の請求が届きますから、知らない間にブラックになるなんてことはまず考えられません。

登録期間は5年よりも長い

次に登録期間についてですが、信用情報上では1.の時点で、既にブラックになっています。しかし5年間の登録期間のカウントは、ここからスタートする訳ではありません。

起算日が手続き開始時や完済時だったりするため、実際の登録期間は「5年+数年間」になるのが普通です。

また銀行が加盟している信用情報機関は独特で、個人再生と自己破産については、それぞれの開始決定日から10年間登録されることになっています。

ブラック解消後は審査に通りにくい

しかし長かった登録期間も、いつかは必ず終わります。そして信用情報からブラックの記録が消えれば、一応は元通りです。一応というのは、信用情報の登録が消えても、ブラックの影響はまだ残っているからです。

第一に何年も利用のなかった信用情報は白紙状態(ホワイト)で、最近までローンやクレジットカードが使えなかったこと、つまりブラックだったことが誰の目にも明らかなのです。

審査基準の厳しいカードローン会社では、残念ながらこのような申込者を警戒して、審査に通さないことも考えられます。

通りやすいカードローンを選ぶことが大事

対処法としては、最初は審査基準の緩やかな消費者金融のカードローンを選ぶことです。良好なクレジットヒストリーが増えてくれば、次第に他の審査にも通りやすくなるでしょう。

滅多やたらに審査を受けまくれば、無駄に信用情報を汚すだけでなく、申込みブラックにもつながります。ブラック解消後は、審査に通りやすいカードローンを選び、出来るだけ安全策をとることが大切です。

債務整理をした企業では永久ブラック

絶対に避けた方がいいのは、債務整理の対象となった業者や銀行への申込みです。なぜなら信用情報機関の登録期間が終わっても、対象の業者や銀行の審査には絶対に通らないからです。

この状態を「社内ブラック」と言います。どの業者も社内データとして、問題を起こした顧客の個人情報を半永久的に残しているんですね。

【社内ブラックとは!?】
・債務整理をした顧客の情報は、半永久的に社内に残る
・対象の企業では、登録期間終了後も審査には通らない

合併や提携の結果として、思わぬところで対象の業者が関わっている可能性が考えられますので、申し込む前には企業背景のチェックも欠かせません。

社内ブラックの対象業者が多ければ多いほど、ブラック解消後の選択肢が狭まってしまうこともぜひ覚えておいてくださいね。

無審査の業者で借りるのは危険!

ブラック解消後は、少しずつ信用取引を増やして良い実績を作っていくことで、徐々に元通りになっていきます。時間はかかりますが、これが唯一確実な回復方法なのです。

いくら審査に通らないからと言って、以下のような業者に手を出すのはNGですよ。

× 日本貸金業協会に登録していない業者
× 信用情報機関に加盟していない業者

いわゆる闇金と呼ばれる業者は、審査なしで高い金利でお金を貸し出します。これらの業者は総量規制も無視しますし、もちろん基本的なルールや法定金利も守りません。

登録業者で借りれるようになるまでは、このような違法業者に引っかからないよう、くれぐれもご用心ください。

元ブラックでも申し込めるカードローン

では次に、元ブラックの人でも審査に通りやすいカードローンをご紹介しましょう。一般に銀行は審査が厳しいため、消費者金融での申込みがおすすめです。

これらのカードローンで実績を重ねれば、徐々に他社の審査にも通りやすくなっていきます。良好なクレジットヒストリーを残せるよう、ぜひ延滞ゼロを目指してください。

SMBCモビットなら返済でT-POINTが貯まる

【SMBCモビット】

企業名:株式会社SMBCモビット
背景:2000年にプロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス)とアプラス(現アプラスフィナンシャル)の共同出資でスタート。2004年に三井住友銀行が株式取得、MUFGが審査業務を請け負っていた時期もある。

SMBCモビットも歴史の長い消費者金融です。利息返済でT-POINTが貯まるユニークなカードローンで、楽しみながら返済ができますよ。

WEB完結で申し込めば、カードレスで快適に利用できますが、これには三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょ銀行の口座と、社会保険証もしくは組合保険証が必要です。それ以外の方は、三井住友銀行のローン契約機での申込みをおすすめします。

  • 年利:3.0%~18.0%
  • 融資額:800万円まで
  • 年齢制限:69歳以下
  • 最短即日融資も可能
  • 200円の利息返済で1 Tポイントが貯まる
  • WEB完結ならカードレス

プロミスは30日間無利息!

【プロミス】
企業名:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
背景:株式会社三井住友銀行の関連会社を経て、2011年に三井住友フィナンシャルグループの完全子会社に。「プロミス」はサービスブランド名。

名の知れた企業なら、どなたでも安心して申し込めますよね。プロミスは老舗の消費者金融で、審査の通りやすさでもおすすめです。

プロミスはパソコンやスマートフォンからの申込みはもちろんのこと、通話料無料のプロミスコールや店頭窓口(お客様サービスプラザ)、三井住友銀行内の自動契約機からの申込みも可能です。

またスマホで申込み・借入・返済ができるアプリローンなら、「アプリdeクーポン!」というお得な割引も使えます。

  • 年利:4.5%~17.8%
  • 融資額:500万円まで
  • 年齢制限:69歳以下
  • 最短即日融資も可能
  • 新規契約で30日間無利息
  • カードなしタイプも選べる

ブラックだった人もカードローンの審査に通る!消費者金融が狙い目

カードローン審査落ちの原因はいくつも考えられますので、審査に通らない人がすべてブラックとは限りません。

しかし本当に「ブラック」になってしまうと、5年以上もあらゆる金融審査に通らない状況が続きます。こうならないように、延滞は2ヶ月以内に必ず解消することが大切です。

ブラックになっても、登録期間が解消すれば回復は可能です。初回はできるだけ審査に通りやすい消費者金融のカードローンを選び、今度こそ延滞ゼロを目指しましょう。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる